11
6月

恋をすると体毛が薄くなる?女性、男性ホルモンと毛の関係

男性ホルモン、女性ホルモン、
よく目に、耳にする言葉です。
男性が持っているホルモンを男性ホルモン、
女性が持っているホルモンを女性ホルモンと呼んでいるのではなく、
2つは別のもの。
男性の中にも女性ホルモンはあり、
女性の中にも男性ホルモンはあります。

面白いのは、その割合。
女性の中の男性ホルモンは、男性の5%から10%程度ですが、
男性の中の女性ホルモンは、女性の半分くらいの女性ホルモンがあります。
女性ホルモン、優位ですね。

女性の中の男性ホルモン、
1割に満たないくらいなら、恐るるに足らずですが、
実は、この男性ホルモンが体毛に関わっているんです。

男性ホルモンに含まれるテストステロン。
このテストステロンの分泌量が増えると、
体毛が濃くなってしまいます。
体毛が濃い方はこの男性ホルモンが活発なんですね。
いきすぎるとヒゲまで生えてきてしまいます。
憎むべきは男性ホルモンです。

女性ホルモンは、何をしているのでしょう。
ちゃんと対抗する力を持っていました。
女性ホルモンに含まれるエストロゲン。
このエストロゲンには、
体毛を薄くしてくれる働きがあります。
他にも、肌を白くなめらかにしてくれたり、
女性らしい体をつくるという働きがある
ありがたいホルモン。

単純にゆえば、男性ホルモンが活発だと
体毛が濃くなり、女性ホルモンが活発だと
体毛が薄くなるということでしょう。

できるだけエストロゲンを分泌させたいところですが、
効果があるのが恋愛のドキドキやときめき。
性的快感も含まれます。
恋をすると体毛も薄くなり、
より女性らしい体になるというのは、
ちょっと神秘的な感じがします。
恋をすると綺麗になるというのは、
精神的な問題だけじゃないんです。
人間の不思議ですね。

ちなみに、エストロゲンは、ある食品でも補うことができます。
その食品とは、大豆。大豆のイソフラボンは、
エストロゲンと似た化学構造と働きをすることが分かってきました。
大豆そのものを食べるとなるとちょっとハードルが高いですが、
納豆、豆腐、油揚げ、豆乳、味噌など大豆製品なら、
食べやすいんじゃないでしょうか。
恋愛のドキドキで、
エストロゲンを分泌させた方が色気がありますが、
当分予定のない方は、
大豆のイソフラボンで代用させておきましょう…

最後にもう一つ。体毛が濃くする
男性ホルモンのテストステロンを促進させる食べ物もあります。
牛肉の赤身、豚肉の赤身、牡蠣、
ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、
長ねぎ、ニンニク、ニラなどです。
これらは、控えめにしておきましょう。

No comments yet